Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年4Qの脆弱性登録は1619件 - 「IE」190件で最多

脆弱性の種類別では、前四半期と変わらず「バッファエラー」が最多で355件。これらの6割超は、OSやブラウザで明らかになったものだった。さらに「認可、権限、アクセス制御(179件)」「情報漏洩(166件)」「不適切な入力確認(106件)」が続く。

製品別に見ると、「Internet Explorer」が190件で最多。「Google Chrome」が167件、「Microsoft Edge」が141件、「Mac OS X」が134件で続く。前四半期181件で最多だった「iOS」は101件だった。

同四半期までに登録された脆弱性情報を深刻度別にわけると、共通脆弱性評価システム「CVSS」の基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」は全体の40.3%で、前期より0.2ポイント上昇。「警告」の「レベルII」は52.5%で0.2ポイント後退した。「注意」の「レベルI」は7.2%で横ばいだった。

(Security NEXT - 2016/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が