Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀利用者狙うフィッシング攻撃 - アカウント凍結と不安煽る

りそな銀行のオンラインバンキング利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。「認証」が必要などと騙し、偽サイトへ誘導していた。

20160125_ap_001.jpg
今回確認された偽サイト(画面上)と正規サイト(同下)。正規サイトのデザインが盗用されていた

フィッシング対策協議会によれば、今回の攻撃は「りそな銀行より大切なお知らせです」「りそな銀行本人認証サービス」「りそな銀行重要なお知らせ」といった件名のメールを送り付ける手口。

メールの本文では、「システムの安全性を更新した」などと説明。アカウントの「凍結」や「休眠」などをちらつかせ、「ただちに認証してください」などと偽サイトへのアクセスを促す。2015年12月に複数行を対象に発生したフィッシング攻撃と同様の文面を用いていた。

誘導先のサイトは、正規サイトのデザインなどを盗用しており、ソフトウェアキーボードなども用意。デザインから偽サイトを見抜くことは困難となっている。

問題のフィッシングサイトは、1月25日午前中の時点で稼働していた。同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼するとともに、同行利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大