Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘルスケア通販サイトからクレカ情報が流出 - セキュリティコードも

京都薬品ヘルスケアの通販サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む顧客の個人情報が外部へ流出したことがわかった。

サプリメントや美容関連製品を取り扱う同社の「eキレイネット」のウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出したもの。

同社によれば、2015年11月4日に決済代行会社からクレジットカード情報が外部へ流出している可能性があるとの指摘を受けたもので、調査会社から12月14日に最終報告があり、それを受けて事態を公表したという。

対象となるのは、2014年10月8日から2015年11月5日にかけて同サイトでクレジットカードにより商品を購入した顧客で、氏名、住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなど含まれる。クレジットカード以外で決済した顧客に関しては、情報流出を否定している。

同社では1月18日に、対象となる顧客向けに事情を説明する書面を送付。身に覚えがない請求がないか確認するよう注意を呼びかけている。

同サイトは現在も閉鎖中で、調査会社よりシステムや管理体制について不備を指摘されており、改修作業を進めている。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
鍼灸や医療など複数運営通販サイトで情報流出 - メイプル