Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティカンファレンスが開催

JPCERTコーディネーションセンターは、「制御システムセキュリティカンファレンス 2016」を2月17日に開催する。

同イベントは、制御システムのセキュリティをテーマとしたカンファレンス。2009年2月より開催しており、今回は国内外の制御システムにおける脅威の現状や、関連業界で進む取り組みについて紹介する。

ユーザー企業やエンジニアリング会社、システムインテグレータ、製品開発者、研究者など制御システム関係者を広く対象としており、関係機関や大学、インフラ企業から講師を招いて講演を行う。

会場は東京都港区のコクヨホール。参加費用は無料で、事前にメールで申し込む。定員は300人で、定員に達した時点で締め切りとなる。

(Security NEXT - 2016/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表