Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始

大和ソフトウェアリサーチ(DSR)は、クラウド型ウェブアプリケーションファイアウォールサービスと脆弱性診断を組み合わせたサービスを12月22日より提供開始する。

同社のクラウド基盤「STAR CLOUD」を活用したWAFサービス「SCSS-WAF」と、ネットワーク21のウェブサイトの脆弱性診断サービスを組み合わせて提供するもの。

同社は販売を強化し、2017年3月末までに200社以上の導入を見込んでいるという。

(Security NEXT - 2015/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
「Atlassian Confluence Server/Data Center」にゼロデイ攻撃 - 修正版を緊急準備中
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「Spring Core」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」の指摘
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく