Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始

大和ソフトウェアリサーチ(DSR)は、クラウド型ウェブアプリケーションファイアウォールサービスと脆弱性診断を組み合わせたサービスを12月22日より提供開始する。

同社のクラウド基盤「STAR CLOUD」を活用したWAFサービス「SCSS-WAF」と、ネットワーク21のウェブサイトの脆弱性診断サービスを組み合わせて提供するもの。

同社は販売を強化し、2017年3月末までに200社以上の導入を見込んでいるという。

(Security NEXT - 2015/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD