Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、米Savviusの小規模ネットワーク監視アプライアンス

ディアイティは、小規模ネットワーク向けネットワークレコーダ「Savvius Insight」を販売開始した。

同製品は、米Savvius(旧WildPackets)製のネットワークレコーダ。キャプチャポートとブリッジポートを搭載したアプライアンス。小規模ネットワークやLANセグメントなど100Mbpsクラスの監視に利用できる。

パケットキャプチャエンジンでは、ネットワークレコーダ「Omnipliance」の技術を活用。抽出したパケットデータの解析用に「OmniPeek Insight」を同梱している。

またデータ分析プラットフォーム「Splunk」へ取得データを転送する「Splunk Forwarder」を標準で搭載した。価格は、53万7840円。

(Security NEXT - 2015/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション