Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アコーディア・ゴルフで顧客情報が流出か - 不正にDB管理ツールが設置

アコーディア・ゴルフのウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、12月9日20時ごろ、個人情報に対する不正アクセスを確認したもの。ウェブサーバへデータベースの管理ツールが不正に設置され、同ツールを通じて外部より顧客情報にアクセスされたという。

流出した可能性があるのは、同社が運営する「アコーディアWeb」において会員権の見積もりを行った顧客107件や、「アコーディア・キッズ」の会員108件、「L-Style」の会員103件のほか、イベント参加者、ゴルフスクールの登録者など359件にのぼるという。氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、ポイントカード番号など含まれる。

同社では、データベース管理ツールを削除し、バックドアを修復した。顧客から被害の報告などは受けていないという。同サーバ以外についても脆弱性の調査を進めている。

(Security NEXT - 2015/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
【お知らせ】ブラウザによる警告表示のお詫び
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応