Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去

サイバーソリューションズは、メール経由で脅威が侵入することを低減する自治体向けサービス「メール無害化転送機能」を2016年2月末より提供する。

同サービスは、受信したメールにおいてサイバー攻撃で利用されることのあるリンクや添付ファイルを除去し、総合行政ネットワーク(LGWAN)のメールサーバに転送するもの。

具体的には、インターネット経由で受信したメールに対し、HTMLメールに対しては本文からテキスト情報を抽出、リンク情報を破棄する。

また添付ファイルからテキストを抽出、本文内に展開した上で添付ファイルを削除する。オリジナルのメールはインターネットのメールサーバに保存されており、必要に応じて確認できる。

100アカウント利用時の価格は102万6000円から。運用にあたっては別途年間保守費用が必要となる。同社では、2017年7月までに100団体での導入を目指している。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
「Emotet」感染でアカウント奪われ、大量のメール送信 - 埼大
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
メール誤送信後の対応、「上司に報告」2割強
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト