Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去

サイバーソリューションズは、メール経由で脅威が侵入することを低減する自治体向けサービス「メール無害化転送機能」を2016年2月末より提供する。

同サービスは、受信したメールにおいてサイバー攻撃で利用されることのあるリンクや添付ファイルを除去し、総合行政ネットワーク(LGWAN)のメールサーバに転送するもの。

具体的には、インターネット経由で受信したメールに対し、HTMLメールに対しては本文からテキスト情報を抽出、リンク情報を破棄する。

また添付ファイルからテキストを抽出、本文内に展開した上で添付ファイルを削除する。オリジナルのメールはインターネットのメールサーバに保存されており、必要に応じて確認できる。

100アカウント利用時の価格は102万6000円から。運用にあたっては別途年間保守費用が必要となる。同社では、2017年7月までに100団体での導入を目指している。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - TRE HDグループ会社
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
県サイトで個人情報含む作業用ファイルを誤公開 - 愛媛県
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
SIEM製品「Splunk ES」の調査機能に複数の脆弱性
個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - 北海道銀
「Barracuda ESG」に再びゼロデイ脆弱性 - 外部ライブラリに起因、利用者は注意を
年末年始に備え、セキュリティ対策を - 月例パッチは年明け1月9日
イベント参加者宛のメールに個人情報を誤添付 - 国交省