Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシング報告は246件 - カード会社装うケースなど

11月は、フィッシング攻撃の報告件数が27件増となった。カード会社を騙るケースや、SMSを使用したオンラインバンキングのフィッシングなどが目立った。

フィッシング対策協議会によれば、11月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は246件。前月の219件を上回ったが、2000件超となる月もあった上半期と比較すると、比較的落ち着きを見せている。

11月はクレジットカード会社を装う攻撃のほか、SMSに記載したリンクからオンラインバンキングのフィッシングサイトへ誘導するケースなどが確認された。

オンラインゲーム関連の報告は45件。「Apple ID」を窃取するフィッシングサイトは19件で、前月の52件から改善したものの、引き続き報告が寄せられているという。

フィッシングサイトに利用されたURL件数は96件で、前月の98件から2件減少。フィッシングに悪用されたブランド件数は、前月と同数の15件だった。

(Security NEXT - 2015/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト