Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオンのネットスーパーで顧客情報を誤表示 - 作業中の操作ミスで

イオンリテールが運営するネットスーパー「おうちでイオン イオンショップ」において、ほかの顧客の個人情報が表示される事象が発生していたことがわかった。

11月18日21時過ぎから翌19日9時過ぎにかけて誤表示が発生したもの。同じ時間帯にアクセスしていたほかの顧客の個人情報が画面上に表示される状況となった。328人において誤表示が発生した可能性がある。

誤表示された情報は「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「届け先情報」などで、決済情報は含まれない。

同社では、システム作業における操作ミスが原因としており、チェック体制を強化したうえでサイトを再開した。

(Security NEXT - 2015/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正