Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TwoFive、「PowerDNS」を発売 - パッチや攻撃対策を提供

TwoFiveは、オープンソースのDNSサーバ「PowerDNS」を販売開始する。

同製品は、蘭PowerDNS.COMが開発するDNSサーバ。TwoFiveでは、PowerDNS.COMの親会社であるOpen-Xchangeと合併したDovecotとパートナー契約を締結しており、今回取り扱いを開始した。

商用版として展開し、検証済みのセキュリティパッチのほか、「Recursor intelligence feeds」として攻撃トレンドの情報をもとに作られたLuaスクリプトとフィルタを提供する。

またDNSサーバと連携する米Cloudmark製のDNSを保護ソリューション「Cloudmark Security Platform for DNS」を組み合わせたソリューションを展開する。

大量のDNSクエリーを処理する必要があるISPに向けに提供していく予定。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2015/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
「BIND 9」に5件の脆弱性 - 一部脆弱性は公開済み
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加