Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla」に深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。開発グループは早急に最新版へアップデートするよう呼びかけている。

開発者チームによると、同CMSのコアエンジンに深刻なSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2015-7297」「CVE-2015-7857」「CVE-2015-7858」が存在。危険度を「高」に設定している。脆弱性を発見したTrustwaveのセキュリティ研究者によれば、「CVE-2015-7857」を悪用することにより、リモートから管理者権限を奪取できるという。

また今回のアップデートでは、危険度を「中」としたアクセス制御を回避する脆弱性2件をあわせて修正している。

いずれの脆弱性も「同3.4.4」から「同3.2.0」までが影響を受ける。最新版となる「同3.4.5」へアップデートすることにより脆弱性を解消することが可能であり、開発グループは、早急にアップデートを実施するよう利用者へアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性