Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla」に深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。開発グループは早急に最新版へアップデートするよう呼びかけている。

開発者チームによると、同CMSのコアエンジンに深刻なSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2015-7297」「CVE-2015-7857」「CVE-2015-7858」が存在。危険度を「高」に設定している。脆弱性を発見したTrustwaveのセキュリティ研究者によれば、「CVE-2015-7857」を悪用することにより、リモートから管理者権限を奪取できるという。

また今回のアップデートでは、危険度を「中」としたアクセス制御を回避する脆弱性2件をあわせて修正している。

いずれの脆弱性も「同3.4.4」から「同3.2.0」までが影響を受ける。最新版となる「同3.4.5」へアップデートすることにより脆弱性を解消することが可能であり、開発グループは、早急にアップデートを実施するよう利用者へアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ