Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのセキュリティ製品にLinux向けマルウェア対策が登場

キヤノンITソリューションズは、法人向けセキュリティ対策製品「ESET Endpoint Protectionシリーズ」に、Linuxクライアント用プログラムを追加した。

法人向けセキュリティ対策製品にUbuntuへ対応した「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」を追加したもの。「ESET Endpoint Protection Advanced」およびマルウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」で利用できる。

またクライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator」を利用することで、「Windows」や「Mac OS X」「Android」向けのプログラムとあわせて一元管理が可能。

製品価格に変更はなく、6から24ライセンスを導入した場合、1ライセンスあたりAdvancedは5788円。Standardは4006円。

(Security NEXT - 2015/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア