Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのセキュリティ製品にLinux向けマルウェア対策が登場

キヤノンITソリューションズは、法人向けセキュリティ対策製品「ESET Endpoint Protectionシリーズ」に、Linuxクライアント用プログラムを追加した。

法人向けセキュリティ対策製品にUbuntuへ対応した「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」を追加したもの。「ESET Endpoint Protection Advanced」およびマルウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」で利用できる。

またクライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator」を利用することで、「Windows」や「Mac OS X」「Android」向けのプログラムとあわせて一元管理が可能。

製品価格に変更はなく、6から24ライセンスを導入した場合、1ライセンスあたりAdvancedは5788円。Standardは4006円。

(Security NEXT - 2015/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術