Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」の脆弱性25件を修正 - Oracle

Oracleは、10月に公開した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Java SE」の深刻な脆弱性を修正した。今回のアップデートによる修正は25件に及んでいる。

脆弱性の影響を受けるのは「同8 Update 60」で、これには「同8」はもちろん、サポートが終了している「同7」や「同6」における以前のバージョンも含まれる。

今回修正した25件中、24件がリモートより認証を必要とせずに攻撃が可能となる脆弱性だった。「CVSS v2」のスコアが最大である「10.0」の脆弱性7件をはじめ、9件の脆弱性が危険とされる「7.0」以上に評価されている。

同社は脆弱性を修正した「同8 Update 65」を公開。また脆弱性以外の修正を含む「同8 Update 66」を用意した。同社やセキュリティ関連機関では、早期にアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「TERASOLUNA Global Framework」などの旧版に脆弱性
「Apache Commons BCEL」に脆弱性 - 「Apache Xalan」にも影響
ブラウザ「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を解消
IoTデータベース「Apache IoTDB」にサービス拒否のおそれ
「Apache Flume」に脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」に深刻な脆弱性
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートが公開
ブラウザ「Firefox 106」がリリース - 脆弱性6件を解消
Oracle、Java SEの脆弱性9件をアップデートで修正