Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」の脆弱性25件を修正 - Oracle

Oracleは、10月に公開した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Java SE」の深刻な脆弱性を修正した。今回のアップデートによる修正は25件に及んでいる。

脆弱性の影響を受けるのは「同8 Update 60」で、これには「同8」はもちろん、サポートが終了している「同7」や「同6」における以前のバージョンも含まれる。

今回修正した25件中、24件がリモートより認証を必要とせずに攻撃が可能となる脆弱性だった。「CVSS v2」のスコアが最大である「10.0」の脆弱性7件をはじめ、9件の脆弱性が危険とされる「7.0」以上に評価されている。

同社は脆弱性を修正した「同8 Update 65」を公開。また脆弱性以外の修正を含む「同8 Update 66」を用意した。同社やセキュリティ関連機関では、早期にアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
SAP、定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性へ対処
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ