Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税証明書交付申請書1550件が所在不明 - 練馬区

東京都練馬区の石神井区民事務所において、税証明書交付申請書1550件が所在不明になっていることがわかった。

同区の定期監査に向けて書類を確認していたところ、2014年10月発行分の税証明書交付申請書が紛失していることが10月13日に判明した。

紛失したのは、2014年10月に発行した税証明書交付申請書1550件で、申請者の氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、証明書が必要な者の氏名と住所、生年月日、使用目的などが記載されている。

申請書は専用の倉庫で施錠保管し、保存期間が終わったものを廃棄しており、7月に不要文書を廃棄した際に誤って処分した可能性が高いという。同区では、業務管理の抜本的な改革を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同姓同名の別人に納税通知書を約17年にわたり誤送付 - 鎌倉市
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
ふるさと納税寄付者の個人情報を庁内24部署にメールで誤送信 - 堺市
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
ふるさと納税者に第三者の個人情報含む文書を誤送付 - 太良町
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県