Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係ないメアドがCCに、不具合が原因と説明 - 京大生協

京都大学生活協同組合は、メールを送信した際に、関係ないメールアドレスが流出したことを明らかにした。メールソフトの不具合が原因だとしている。

9月30日18時過ぎに、同大学研究室へ見積りのメールを送信したが、45件となった未着を含むPC内に登録されていたメールアドレス232件が「CC」に設定され、送られたという。

メールを受信した組合員より指摘があり問題が判明。10月1日に関係者へメールで謝罪するとともに、誤って送信したメールの削除を依頼した。

同組合では、送信時にメールアドレスがCCへ挿入された原因について、操作ミスではなく、使用するメールソフトの不具合である可能性が高いと説明。

対策として、パソコン内に登録されているすべてのメールアドレスとメールソフトを削除したほか、使用するメールソフトの点検を実施。メールソフトの変更についても検討するという。

(Security NEXT - 2015/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県