Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、Flashゼロデイ脆弱性へ対応予定 - 早ければ米時間16日に

Adobe Systemsは、Adobe Flash Playerの深刻な脆弱性を解消するアップデートを、早ければ米国時間10月16日にリリースする予定だ。同社は同月13日にアップデートを公開したばかりだが、同アップデートとは異なるものだ。

20151016_as_001.jpg
Adobe Systemsによるアナウンス

同社は、10月13日に13件の脆弱性を解消するアップデート「同19.0.0.207」を公開したが、公開直後に未修正の脆弱性「CVE-2015-7645」が存在することが判明。標的型攻撃が行われていることを米Trend Microが明らかにしていた

「CVE-2015-7645」は、「Windows」「Mac OS X」「Linux」が影響を受けるとされており、攻撃が成功するとシステムがクラッシュし、システムの制御を奪われるおそれがある。

同脆弱性の指摘を受けたAdobe Systemsではアップデートの準備を進めており、早ければ10月16日にリリースしたいとしている。

(Security NEXT - 2015/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Chrome 76」のセキュリティ修正は43件 - シークレットモード検出対策やFlash無効化なども
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開