Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

13日公開のFlash Playerに未修正の脆弱性 - ゼロデイ攻撃受けるおそれ

「Adobe Flash Player」に対するゼロデイ攻撃が発生している。米国時間10月13日に公開されたアップデートを適用しても、問題の脆弱性は解消されず、攻撃を受けるおそれがあるという。

米Trend Microが明らかにしたもので、「Operation Pawn Storm」を展開する攻撃グループが利用していることを確認したもの。攻撃キャンペーンは、「APT28」「Sednit」「Fancy Bear」「Tsar Team」といった名称でも知られている

Adobe Systemsでは、セキュリティアップデートとして、10月13日に「Windows」「Mac OS X」およびブラウザの同梱版に対して最新版となる「同19.0.0.207」を公開したが、トレンドマイクロによれば、同バージョンについても脆弱性の影響があり、ゼロデイ攻撃を受けるおそれがあるという。

「Operation Pawn Storm」を展開する攻撃グループは、米政府や北大西洋条約機構(NATO)に対する攻撃でも知られ、ロシア政府との関係が指摘されている。

最近では、複数政府の外務省に対して標的型攻撃を実施。最新ニュースに見せかけてメールを送り付ける手口で不正サイトへ誘導し、ゼロデイ脆弱性に対して攻撃をしかけていた。

(Security NEXT - 2015/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、10月定例パッチに修正含まれず
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化