Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、なりすまし警告付きウェブメールサービス

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、クラウド型メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス」において、セキュリティ対策を強化したウェブメール「MailTAP」を提供開始した。

「MailTAP」は、セキュアMXサービスの「メールボックスプラスオプション」の標準機能として提供されるウェブメールサービス。送信ドメイン認証に失敗したメールを、差出人が偽装されている可能性があるメールとして警告マークを表示。管理者から全ユーザーに、不審メールに関する注意喚起として通知することもできる。

また情報漏洩対策として、接続元IPアドレス制限やユーザーごとのウェブメール利用制限、スマートフォンアプリを使った二要素認証などを提供。送信先に自社ドメイン以外のアドレスが含まれる場合、送信前の確認画面で注意を促すなど、誤送信対策機能も備えている。

(Security NEXT - 2015/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS