Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、なりすまし警告付きウェブメールサービス

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、クラウド型メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス」において、セキュリティ対策を強化したウェブメール「MailTAP」を提供開始した。

「MailTAP」は、セキュアMXサービスの「メールボックスプラスオプション」の標準機能として提供されるウェブメールサービス。送信ドメイン認証に失敗したメールを、差出人が偽装されている可能性があるメールとして警告マークを表示。管理者から全ユーザーに、不審メールに関する注意喚起として通知することもできる。

また情報漏洩対策として、接続元IPアドレス制限やユーザーごとのウェブメール利用制限、スマートフォンアプリを使った二要素認証などを提供。送信先に自社ドメイン以外のアドレスが含まれる場合、送信前の確認画面で注意を促すなど、誤送信対策機能も備えている。

(Security NEXT - 2015/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス