Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、DDoS対策サービスを拡充 - パケットフィルタリングを追加

NTTコミュニケーションズは、「OCN DDoS対策サービス」をリニューアルした。新機能を追加したほか、提供エリアを全国に拡大する。

同サービスは、同社の法人向けインターネット接続サービス「スーパーOCN イーサアクセス」と「OCNハウジング用接続サービス」のユーザーを対象に、DDoS攻撃対策機能を提供するオプションサービス。

従来サービスでは攻撃の検知と緩和機能を提供していたが、リニューアルにともないパケットフィルタリング機能とリアルタイムレポートを追加。サービスメニューとして、攻撃の検知、緩和、パケットフィルタリング、リアルタイムレポートなど全機能を利用できる「DDoS防御オプション」と、緩和機能以外の機能が利用できる「DDoSフィルタリングオプション」を用意。

価格は、防御オプションは100Mbpsで37万8000円。1Gbpsで75万6000円。フィルタリングオプションは21万6000円。別途初期費用5万4000円が必要。

(Security NEXT - 2015/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験