Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミス対策を支援する「誤送信バスター」 - 丸紅ITS

丸紅ITソリューションズは、メールの誤送信を防止するソフトウェア「誤送信バスター」を発売した。

同製品は、不注意や操作ミスによる誤送信のリスクを低減するOutlook向けアドインソフト。送信先のメールアドレスに組織外のドメインが含まれる場合、一定時間メールの送信を保留できる。

また多数を対象に同報配信を行う際や、過去に送信したことがない宛先の組み合わせでメールを送信しようとすると警告表示を行うほか、ドメインごとに色分け表示を行うことで、宛先の目視チェックを支援。添付ファイル自動暗号化や、指定アドレスへの同報送信に対応している。

Outlookやメールサーバの設定を変更することなく利用することが可能。月額利用料は、1ユーザーあたり216円。年単位で契約できる。最小ユーザー構成は100ユーザーとなる。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市