Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合と操作ミスで個人情報をMLへ誤配信 - 北情大

北海道情報大学は、システムの不具合により、個人情報が誤ってメーリングリストに配信される事故が発生したことを明らかにした。

同大健康情報科学研究センターが展開する「食の臨床試験」の健康カード登録システムにおいて、9月17日17時ごろウェブサイトより登録された会員データ1件が、会員向けメールマガジンのメーリングリストに配信されたもの。

登録を行った会員の氏名、郵便番号、電話番号、生年月日、身長などの個人情報を含むメールが、登録者493人に対して送信された。受信者からの指摘により問題が発覚した。

同大は今回の問題について、システムの不具合にくわえ、会員登録時の操作ミスが重なったことにより発生したと説明。今回以外に誤送信が発生していないことを送信記録から確認したという。

同大学では、個人情報が漏洩した登録者に謝罪。同メールの受信者へ削除を依頼した。また今回の問題を受け、メーリングリストの不具合を修正。操作手順を見直したほか、登録情報を暗号化して送信するなど対策を講じたという。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省