Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCI SCC、10月に都内でコミュニティミーティングを開催

PCI SSC(PCI Security Standards Council)は、10月に都内で「第4回 PCIアジア太平洋コミュニティミーティング」を開催する。

同イベントは、決済のトレンドや課題などを扱うアジア太平洋地域の決済事業関係者を対象とした年次カンファレンス。国内での開催は今回がはじめて。

EMVチップ技術の導入、ATMのスキミング対策、モバイル決済やデジタルコマースのセキュリティ対策などに関連したセッションを用意。

基調講演には、PCI SSCのインターナショナルディレクターであるJeremy King氏が登壇するほか、政府関係者なども講演を予定している。

開催日程は10月14日、15日の2日間で会場はウェスティンホテル東京。イベントの詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix Hypervisor」「XenServer」に脆弱性 - ホットフィクスが公開
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加