Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ラッド、アラート機能を追加した「NIRVANA-R」をリリース

日本ラッドは、独自機能を追加したネットワーク可視化システム「NIRVANA-R」の提供を開始した。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)が開発したネットワーク可視化、監視システム「NIRVANA」をベースに同社が独自に機能を追加したもの。6月に同機構よりソースコードを利用、改変する権利を取得し、あらたに開発した。

今回リリースした「同1.0」では、アラート機能を追加。あらかじめ設定した閾値を超える通信量が発生した場合はもちろん、ネットワークトラフィック、プロトコル、ポート番号、IPアドレスなど特定の条件を満たす通信が発生した場合、画面上にアラートを表示するとともに管理者へメールで通知することが可能。

今後同社では、グローバル展開を視野に入れ、セキュリティアプライアンスやネットワーク機器との連携機能や、アラート発生時のパケット保存機能など、新機能を追加していく予定。

(Security NEXT - 2015/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL