Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「無料レポート.net」に不正アクセス - メルアド2万件流出か

「無料レポート.net」が不正アクセスを受け、会員のメールアドレス2万421件が流出した可能性のあることがわかった。

同サイトを運営するエキスパートによれば、8月3日13時30分ごろよりサーバに不正アクセスが行われ、同日14時ごろよりメールアドレスが収集されたという。翌4日13時ごろにサーバへ異常な負荷がかかり、調査を行ったところログに形跡が残っていたという。

管理サーバには同サイトの会員のメールアドレス2万421件が保存されており、流出した可能性があるという。

同社ではサイトを一時停止。対象となる会員に説明と謝罪のメールを送信した。サイトは5日より再開している。

(Security NEXT - 2015/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も