Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS X向けアップデートで135件の脆弱性を解消 - Safariの脆弱性27件も

Appleは、「OS X Yosemite v10.10.5」および「Security Update 2015-006」の提供を開始した。あわせて135件の脆弱性を解消したという。

カーネルや「QuickTime」「Sudo」「OpenSSL」などにおける複数の脆弱性を修正。試行回数の制限を回避できる「OpenSSH」の脆弱性「CVE-2015-5600」にも対応した。

さらに「Bluetooth」「cURL」のほか、画像やテキスト、フォント処理、「Apache」や関連モジュール、「perl」「python」「PostgreSQL」の脆弱性を修正している。またこれらとは別に、同アップデートにはブラウザの新版「Safari 8.0.8」が含まれる。

Appleでは、「Safari 8.0.8」「同7.1.8」「同6.2.8」において、「WebKit」の修正を含む合計27件の脆弱性に対処した。ソニーデジタルネットワークアプリケーションズの西村宗晃氏が報告した3件の脆弱性「CVE-2015-3750」「CVE-2015-3751」「CVE-2015-3752」なども解消されている。

(Security NEXT - 2015/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ