Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で講座参加者のアドレス流出 - 茅ヶ崎市

神奈川県茅ケ崎市が市民団体との恊働事業で開催した講座において、恊働事業者が参加者へのメールを送信した際、誤送信によりメールアドレスが流出したことを公表した。

7月21日、恊働事業者である市民団体「うみのあお、そらのあお」が、2日後に開催される講座を通知するメールを講座参加者15人に送信したが、宛先にメールアドレスを記載し、受信者間にメールアドレスが流出したという。

講座終了後の31日に、講座参加者の1人がメールへ返信したところ、参加者全員に届いたことでミスが問題が判明した。同市の指示により市民団体では関係者に謝罪、誤送信されたメールの削除を依頼。苦情などは寄せられなかった。住民からの苦情などはなかった。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン