Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員や学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜国立大

横浜国立大学の職員が、学生と職員の個人情報が保存されたUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。

自宅で資料を作成するためUSBメモリにデータをコピーして、7月31日に持ち帰ったが、8月2日までに紛失したことが判明した。所在不明となっているUSBメモリには「2015年度教員免許状更新講習受付担当者一覧」が保存されており、職員2人や派遣職員14人、学生6人の氏名が含まれていた。

職員は内規を守っておらず、個人情報を持ち出す際の届出やUSBメモリの暗号化などは実施していなかったという。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県