Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旅行情報サイト「旅のたまご」に不正アクセス

格安旅行や航空券の検索サイト「旅のたまご」が不正アクセスを受けたことがわかった。利用者情報が外部へ流出した可能性があるという。

同サイトを運営するバーチャルネットサポートによれば、7月6日にJPCERTコーディネーションセンターから情報漏洩の可能性について指摘を受け、調査を行ったところ、同月4日に同サイトに対して不正アクセスが行われた痕跡を確認した。

今回の不正アクセスにより、同サイトにある「国内ツアー」ページ上のフォームから問い合わせを行う際に入力されたメールアドレス5979件が外部へ流出した可能性があるという。

同社では、保有する個人情報を削除。問い合わせフォームを情報を保有しない仕様に変更するなど、対策を行ったという。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性