Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製セキュリティアプライアンスに複数の脆弱性 - 脆弱性狙った攻撃も

Cisco Systemsのセキュリティアプライアンス「ASAシリーズ」向けに提供されているソフトウェアに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を悪用する攻撃が確認されており、アップデートが推奨されている。

リモートより攻撃できる脆弱性やサービス拒否など、あわせて12件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。「同5500シリーズ」「同5500-X」のほか、「ASAサービスモジュール」「同1000V」「ASAv」などが影響を受けるという。

修正された脆弱性のうち、 VPNコンポーネントにおけるIKEの実装に問題があり、サービス拒否が生じる「CVE-2014-3383」に対する攻撃が確認されているという。JPCERTコーディネーションセンターによれば、国内に対し、脆弱性を探索する行為が発生していたという。

同社では、ユーザーに対し、脆弱性を修正したソフトウェアへアップデートするよう強く推奨している。同社が修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2014-3382
CVE-2014-3383
CVE-2014-3384
CVE-2014-3386
CVE-2014-3387
CVE-2014-3388
CVE-2014-3389
CVE-2014-3390
CVE-2014-3391
CVE-2014-3392
CVE-2014-3393
CVE-2014-3394

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を