Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場審査資料を電車内に置き忘れ、5日後回収

日本取引所グループ(JPX)傘下の日本取引所自主規制法人は、従業員が上場審査関連資料を一時紛失したことを明らかにした。

6月26日夜、上場審査担当者が上場審査関連資料を電車内の網棚に置き忘れたもので、資料には、上場審査を行うために提供された企業情報が含まれていた。

紛失した資料は駅の遺失物保管所で一時保管され、30日に警察を経由して資料の所在を確認。7月1日に紛失したすべての資料を回収したという。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意