Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対協、Facebookページで学習教材を公開

フィッシング対策協議会は、セキュリティ啓発キャンペーン「STOP.THINK.CONNECT.」の公式Facebookページを開設した。あわせて、セキュリティに関する学習教材の公開を開始した。

同キャンペーンは、インターネットやウェブサイトにアクセスする前に「立ち止まる 考える 楽しむ」の意識を持つように啓発するもので、国内では同協議会に参加する企業によって構成される「STC普及啓発ワーキンググループ」が活動を行っている。

今回、公式Facebookページを開設し、インターネットセキュリティに関する情報発信やイベント情報の配信などを行う。またこれにあわせ、学習教材「ヒントとアドバイス文書」を6週連続で公開するとしており、第1弾となる「SNSとネットいじめ対策のヒントとアドバイス」を提供開始している。

(Security NEXT - 2015/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
請求案内に見せかけた「So-net」を装うフィッシング
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社