Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省、日本年金機構問題で「検証参与」を任命

厚生労働省は、日本年金機構において組織内の端末がマルウェアへ感染し、個人情報が外部へ漏洩した問題で、「不正アクセス事案検証参与」を任命した。

日本年金機構不正アクセス事案検証委員会の事務局員として弁護士や社会保険労務士、セキュリティ関係者などを参与として任命したもの。メンバーは以下のとおり。

金子桂輔氏(黄櫨綜合法律事務所)
齊藤貴一氏(卓照綜合法律事務所)
佐々木宏幸氏(ディアイティ)
芝昭彦氏(芝経営法律事務所)
鈴木ひろみ氏(鈴木社会保険労務士事務所)
永宮直史氏(日本セキュリティ監査協会事務局長)
西田恵氏(IHI)
福田舞氏(卓照綜合法律事務所)
山﨑千春氏(あずさ監査法人)

(Security NEXT - 2015/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
日本年金機構や「ねんきんネット」を装うフィッシングに注意
職員の退職関連書類が所在不明に - 東京都
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF