Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メールで誤送信、防止システム機能せず - 三菱地所グループ会社

三菱地所リアルエステートサービスにおいて案内メールの誤送信が発生し、一部取引先担当者の個人情報が流出したことがわかった。

6月11日、賃貸物件の内覧会開催を案内するメールを取引先の不動産仲介業者に一斉送信した際、CCを利用して送信したため、送信先563件のメールアドレスのほか、氏名、組織などが漏洩した。

同社では、メールの誤送信による情報流出を防止するシステムを導入していたが、今回はシステムが正常に機能せず、事故を防ぐことができなかったという。原因究明とシステムの改修を早急に行うとしている。

(Security NEXT - 2015/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町