Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、WL機能を追加した上位版クラウド管理サービス

ソフォスは、プログラムの起動制御にも対応したクラウド管理サービスの上位版「Sophos Cloud Server Protection Advanced」を提供開始した。

同サービスは、サーバを対象とした「Sophos Cloud」の上位ライセンス。マルウェア対策のほか、アプリケーション制御に対応している。

セキュリティ対策ソフトと連携。サーバ内で動作するプログラムや、関連したライブラリファイルの振る舞いを調査し、プログラムのホワイトリストを作成。サーバ上で動作を許可するプログラムをホワイトリストにより制限することが可能。手動による設定にも対応している。

提供開始当初は、「Windows Server 2008」以降に対応。今後はLinuxをはじめ、他OSへ順次対応していく予定。

(Security NEXT - 2015/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に
「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応