Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、ネットワーク監視でマルウェア検知するスポットサービス

アズジェントは、同社が取り扱う「DAMBALLA Failsafe」を活用したマルウェア検知サービス「セキュリティ・ドッグ」をあらたに提供開始した。

同サービスは、8種類のエンジンを備えたアプライアンス「DAMBALLA Failsafe」を組織のネットワーク内に設置。アクセス先情報やアクセスの結果、パケットキャプチャなどネットワークトラフィックを監視、相関分析によって脅威を検知するサービス。

診断結果は1カ月で提供する。価格は500ノード、監視期間1カ月の場合で81万6480円。同社は初年度に5億円の販売を目指し、サービスを提供していく。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC