Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CP、制御システムを保護するセキュリティゲートウェイ

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、制御システムの利用環境に対応したセキュリティゲートウェイ「Check Point 1200R」を発表した。

同製品は、工場や変電所、発電設備で利用される「ICS(Industrial Control Systems)」における「SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)」をサイバー攻撃などから保護するアプライアンス。1GbEポートを6基搭載しており、高機能ファイアウォールやアプリケーション制御機能、不正侵入防御(IPS)、レポート機能などを提供する。

ファンレスでマイナス40度から75度までの温度環境に対応。遠隔地での導入を前提に設計しており、産業用制御システム固有のプロトコルを幅広くサポートしており、デバイス、論理プロセスへの攻撃を防止する。変電所設備などに関する国際規格「IEC61850-3」や「IEEE1613」「IEC60068-2」にも準拠しているという。

(Security NEXT - 2015/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減