Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天証券、追証を関係ない顧客へ誤って通知

楽天証券は、誤って関係ない多数の顧客へ追証を通知するミスが発生ことを明らかにした。人為的なミスとしており、不正アクセスなどは否定した。

6月3日9時45分ごろ、取引画面で信用取引において、追証が発生したことを1名の顧客に対して通知するところ、誤って関係ない顧客へ誤掲載してしまったもの。

追証とは、信用取引において相場の変動により追加で必要となる保証金。委託保証金を入金するか、建玉を返済するなど一定期間内に対応が必要となる。

同社は今回の問題が生じた原因について、作業手順の誤りによるものと説明し、謝罪。外部からの不正アクセスなどは発生しておらず、口座に対する不正操作や個人情報漏洩については否定した。

(Security NEXT - 2015/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず