Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天証券、追証を関係ない顧客へ誤って通知

楽天証券は、誤って関係ない多数の顧客へ追証を通知するミスが発生ことを明らかにした。人為的なミスとしており、不正アクセスなどは否定した。

6月3日9時45分ごろ、取引画面で信用取引において、追証が発生したことを1名の顧客に対して通知するところ、誤って関係ない顧客へ誤掲載してしまったもの。

追証とは、信用取引において相場の変動により追加で必要となる保証金。委託保証金を入金するか、建玉を返済するなど一定期間内に対応が必要となる。

同社は今回の問題が生じた原因について、作業手順の誤りによるものと説明し、謝罪。外部からの不正アクセスなどは発生しておらず、口座に対する不正操作や個人情報漏洩については否定した。

(Security NEXT - 2015/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に
「住友生命」の契約者狙うフィッシング - 出金手続き行えるポータルを標的に
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ