Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドローンの安全利用目指す「セキュアドローン協議会」

今後活用が期待される無人航空機「ドローン」の安全利用を推進することを目的とした「セキュアドローン協議会」が6月1日に発足した。

ドローン関連技術をはじめ、セキュリティ技術、クラウド技術、組込ソフトウェア関連技術、エネルギー管理システムなどに関連する6社共同で立ち上げたもの。今後活用が期待されるドローンの安全なシステム操作環境やクラウドサービスの構築に向けて活動を展開していくという。

参加企業は、情報セキュリティ分野のラック、サイバートラストのほか、ジャパンインテグレーション、スプリングフィールド、ソーラー・エナジー・ソリューションズ、ユビキタス。

(Security NEXT - 2015/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金