Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Sling」のコンポーネントにXSSの脆弱性

ウェブアプリケーションのフレームワークである「Apache Sling」の一部コンポーネントに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Sling APIコンポーネント2.2.0」および「Servlets Post コンポーネント2.1.0」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2015-2944」が存在。ブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがあるという。以前のバージョンも影響を受ける。

脆弱性が解消された新版が公開されている。今回の脆弱性は、DeNAの森槙悟氏と杉山俊春氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QNAPに複数脆弱性 - アップデートで11件の脆弱性を解消
NTTドコモの顧客情報最大約529万件が流出した可能性
関西電力かたるフィッシング - 未払い料金の請求を偽装
「サイバー攻撃演習訓練実施マニュアル」を公開 - 日本シーサート協議会
Windowsの「Snipping Tool」にアップデート - 加工前に復元できる脆弱性
IBMの暗号鍵管理製品に複数の脆弱性 - アップデートを
コンビニ交付サービス、高負荷で別人の住民票 - 横浜市
ランサム被害の暗号化データにクレカ情報も - 日本盛
標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関
「OpenSSL」にあらたな脆弱性2件 - 今後のアップデートで修正予定