Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報747件含むUSBメモリを地下鉄で紛失 - 帝京大付属病院

帝京大学医学部付属病院の職員が、患者747人の個人情報含むUSBメモリを地下鉄の車内で紛失したことがわかった。

4月10日22時ごろ、USBメモリの入った財布を地下鉄車内で紛失していることが判明したもの。盗難の可能性もあるため、警察に被害を届けたという。

所在不明となっているUSBメモリには、患者747人の氏名や年齢、傷病名などを保存していた。そのうち590人分のファイルにはパスワードが設定されていたが、のこる157人分はパスワード設定がなかった。同院では、対象となる患者への説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道