Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Altoと米VMware、FWとMDMの連携ソリューション

米Palo Alto Networksと米VMwareは、戦略的パートナーシップを拡大する。サンドボックスとMDMを組み合わせたソリューションを展開する予定。

今回のパートナーシップ拡大は、企業のモバイル活用におけるセキュリティ対策の需要を視野に入れたもので、BYODを活用する企業向けに、脅威対策とMDM機能を統合した独自のソリューションの提供を目指す。

具体的には、Palo Altoのファイアウォールやサンドボックス機能である「WildFire」と、VMwareの企業向けMDMサービス「AirWatch」を統合。モバイルデバイスにおけるマルウェア検出やセキュリティポリシー適用、ネットワーク保護などのセキュリティ機能を提供する。

(Security NEXT - 2015/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査