Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、サイバー攻撃の演習サービスを開始

マクニカネットワークスは、サイバー攻撃対策の演習サービス「企業の為のサイバーセキュリティWorkshop」を4月1日より提供する。

同サービスは、企業においてセキュリティ対策の企画を担当するエンジニアを対象に、標的型攻撃に特化した演習を提供するもの。

マルウェアの侵入経路をはじめ、潜伏や侵入拡大の手口、攻撃者の行動パターン、テクニックなどを解説するほか、組織の弱点、対策などを学ぶ。メールから不審なメールを探すといった具体的な演習も用意しているという。

会場は同社で、料金は参加者1人あたり10万円。1社につき最大5名まで参加できる。

(Security NEXT - 2015/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
Veeam製バックアップ製品を狙う脆弱性攻撃が発生 - 早急に対処を
「Citrix ADC」脆弱性、攻撃グループ「APT5」が悪用か - 米政府指摘
「Citrix ADC/Gateway」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃による悪用も
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施