Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のBIOSに脆弱性、セキュアブート回避のおそれ

複数のBIOSに実装上の脆弱性が発見されたとして、セキュリティ機関ではベンダーとの調整を進めており、各ベンダーから発信される情報へ注意するよう呼びかけている。

x86プロセッサにおいて、安全ではないシステム管理モード(SMM)で、SMRAM領域外のメモリを参照する脆弱性「CVE-2015-0949」が判明したもの。

本来、システム管理モードのメモリ「SMRAM」は、SMM以外から読み書きができないが、脆弱性を悪用するとカーネルが動作するリング0の特権があれば、SMMへの侵入が可能となるという。

攻撃には、物理メモリへアクセスする必要があるが、攻撃が成功するとSMMのコンテキストでコードを実行可能となり、セキュアブートを回避されるおそれがある。さらに保護された範囲レジスタを使用しないシステムでは、ファームウェアを書き換えられる可能性もあるとしている。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ