Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、エンドポイント製品と管理ツールにSP1を提供

カスペルスキーは、法人向けにエンドポイント向けセキュリティ対策製品と管理ツールのサービスパックを3月12日より提供開始する。

Windows用の「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」と管理ツール「Kaspersky Security Center 10」に機能拡張版となる「Service Pack 1」を提供するもの。

今回の機能拡張により、エンドポイント製品では従来の機能にくわえ、アプリケーション制御に指定以外のユーザーに対するアプリケーションの起動を、既定でブロックする「デフォルト拒否」設定を追加。デバイスコントロールの機能を充実させた。

また管理ツールでは、ネットワークアクセスコントロール(NAC)において、アクセス制限ルールとデバイスのホワイトリストを使用できるようになった。さらにモバイルデバイス管理(MDM)、SIEMとの連携を強化している。

(Security NEXT - 2015/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee