Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

草の根セキュリティ活動を支援するGrafsec-Jが全国大会を開催

草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec-J)は、2月28日に新潟市で初の全国大会を開催する。

同団体は、地域に根ざしたサイバーセキュリティや情報モラルの普及活動を進めることを目指し、全国に散在する既存団体との連携、課題解決の支援を行う団体。2014年12月1日に設立した。

今回、第1回目となる全国大会を開催するもので、「地域で育むネットの安心安全」をテーマに、全国から啓発団体を招き、意見交換や交流を行う。

参加申し込みは、2月26日まで。大会の模様は、ラックの協力によりインターネットで配信する予定。詳細は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
地域掲示板にモニター募集の偽投稿 - 三重県が注意喚起
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県