Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

草の根セキュリティ活動を支援するGrafsec-Jが全国大会を開催

草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec-J)は、2月28日に新潟市で初の全国大会を開催する。

同団体は、地域に根ざしたサイバーセキュリティや情報モラルの普及活動を進めることを目指し、全国に散在する既存団体との連携、課題解決の支援を行う団体。2014年12月1日に設立した。

今回、第1回目となる全国大会を開催するもので、「地域で育むネットの安心安全」をテーマに、全国から啓発団体を招き、意見交換や交流を行う。

参加申し込みは、2月26日まで。大会の模様は、ラックの協力によりインターネットで配信する予定。詳細は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
メール誤送信で講座申込者のメアド流出 - 久留米地区職業訓練協会
国内セキュ人材は前年比40.4%増、それでも5.6万人不足 - (ISC)2調査
「看板商品創出事業」で情報流出、アクセス権限の設定漏れで - 観光庁
患者情報を別の連携医療機関へ誤送付 - 藤田医科大病院
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院