Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天の注文確認メールを装う不審メールに注意

楽天市場を装ったスパムメールが多数報告されているとして、同社は注意喚起を行っている。

同社によれば、問題のメールに関する報告が2月10日より多数寄せられているという。メールの件名は「2015/02/10日付ご注文No.95193244」など、注文確認メールを装っており、送信元のメールアドレスは「myinfo@rakuten.co.jp」を偽装していた。

本来このメールアドレスは、利用者がパスワードや登録メールアドレスを変更した場合、同社が変更確認メールを送信する際に利用しているアドレス。注文に関するメールや添付ファイルの送信などに利用することはないと説明。無視するよう注意を呼びかけている。

「.rtf」形式のファイルをオンラインショップの請求書に見せかけて、送り付ける手口は、2014年12月ごろより確認されている。ファイル内のアイコンをクリックするとマルウェアをダウンロードし、中間者攻撃でオンラインバンキングの認証情報を騙し取るもので、セキュリティベンダーが危険性を指摘していた。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
請求案内に見せかけた「So-net」を装うフィッシング
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を