Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第11回「情報セキュリティ文化賞」の受賞者が決定

情報セキュリティ大学院大学は、情報セキュリティ分野の発展に貢献した個人を表彰する「情報セキュリティ文化賞」の受賞者5名を発表した。

同賞は、情報セキュリティ分野の発展に寄与した個人を表彰するもので、自治体や企業における情報セキュリティ人材の育成などを目的に、同大学が2005年2月に制定。今回で第11回目を迎えた。

表彰の対象となるのは、自治体や企業、団体などで情報セキュリティに関し経営的な視点から先導的役割を果たした個人や、情報セキュリティに関わる学術や法制度の研究、啓発、普及、さらに人材育成などの面で貢献した学識経験者など。自薦や他薦、審査委員からの推薦にもとづいて、審査委員会が1月27日に決定した。

今回の受賞者は5名。日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議会長で安全な情報通信ネットワークの確立に貢献した飯塚久夫氏、学術研究や人材育成、「サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」の運営などで活躍する立命館大学情報理工学部教授の上原哲太郎氏、日立製作所の主管研究員としてネットワークの研究開発や同社企業内CSIRTである「HIRT」の立ち上げ、国際標準化活動などに貢献している寺田真敏氏が受賞。

また、慶応大学で情報通信技術の応用に関する技術開発や人材育成、政策提言などにも寄与したとして同大学環境情報学部教授の徳田英幸氏、日本セキュリティ監査協会(JASA)での活動を通じ、セキュリティ監査分野の開拓と普及、人材育成に貢献した同協会事務局長の永宮直史氏に贈られた。

(Security NEXT - 2015/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞