Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、C&Cサーバとの通信をブロックする新機能

ソフォスは、クラウド型セキュリティソリューションに、エンドポイントと外部の不正通信をブロックする新機能「Malicious Traffic Detection(MTD)」を追加した。

同機能は、組織内部において、マルウェアに感染したエンドポイントと、攻撃者が指令を出す外部のコマンド&コントロールサーバとの通信をブロックするもの。

アプリケーションによるHTTP通信を監視して同社クラウド上のデータと照合し、接続先の安全性を検証。接続先のURLがC&Cサーバや悪意あるサイトの場合は通信をブロックする。

同機能は、クラウド型セキュリティソリューション「Sophos Cloud Endpoint Protection Advanced」と「Sophos Cloud Enduser Protection」のライセンスで利用できる。

(Security NEXT - 2015/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了