Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、重要インフラの「安全基準」策定指針でパブコメ実施

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る『安全基準等』策定指針」の第4版パブリックコメント案を取りまとめ、意見募集を開始した。

重要インフラは障害発生時に社会的な影響が大きいことから、事業者が自主的に実施すべきセキュリティ対策の基準や参考にすべき取り組みを指針として取りまとめたもの。

情報セキュリティ政策会議が決定した「サイバーセキュリティ戦略」および「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画」に基づき、情報セキュリティ政策会議重要インフラ専門委員会が第3版について見直しを図り、パブリックコメント案として取りまとめた。

意見は、メールや郵送、ファックス、電子政府の総合窓口である「e-Gov」にて受け付ける。締め切りは2月24日17時。郵送の場合は同日必着。

(Security NEXT - 2015/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査