Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、重要インフラの「安全基準」策定指針でパブコメ実施

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る『安全基準等』策定指針」の第4版パブリックコメント案を取りまとめ、意見募集を開始した。

重要インフラは障害発生時に社会的な影響が大きいことから、事業者が自主的に実施すべきセキュリティ対策の基準や参考にすべき取り組みを指針として取りまとめたもの。

情報セキュリティ政策会議が決定した「サイバーセキュリティ戦略」および「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画」に基づき、情報セキュリティ政策会議重要インフラ専門委員会が第3版について見直しを図り、パブリックコメント案として取りまとめた。

意見は、メールや郵送、ファックス、電子政府の総合窓口である「e-Gov」にて受け付ける。締め切りは2月24日17時。郵送の場合は同日必着。

(Security NEXT - 2015/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」